人気ブログランキング |
カテゴリ:☆ 東北 ☆( 5 )
幕末にも~  ツンツンHair~??! の 男子
f0060310_19515221.jpg


五月初めに行った
角館の武家屋敷群...

角館歴史村~青柳家。

武家屋敷の中でも、
ひときわ立派です。



f0060310_19522007.jpg





f0060310_20044352.jpg



展示品も数多かったです。


その中の

幕末の写真。



f0060310_20051453.jpg


ちょっと興味深く見ていましたら...


ありゃー!!



f0060310_20054170.jpg


外使節の方達に、

目が留まりました。


f0060310_12514776.jpg



なんとも凛凛しい風貌。

ニッポンの男子★

ちゃんまげ結い

腰には刀


ニッポンのお侍さん~♪って感じ


f0060310_12520827.jpg



で、

この御方は...。


ヘアースタイルに目が留まりました。

ちょっとスタイリッシュな髪形。


同じく和装に腰に刀
ヘアースタイリングの為の
ワックッス...スタイリング剤
あったのかなぁ?


今時^^の若者みたい^^

ツンツンHair


ですよねぇ。






f0060310_20363530.jpg


幕末の頃も、

流行っていたのでしょうか?


約150年位前も。(謎) ((笑


でも、

何処?見てんのよーーーっ、

デスデス。((笑











いつもありがとうございます ---
Have a nice day!
oimosany ~ 



by oimosany | 2018-06-13 07:54 | ☆ 東北 ☆ | Trackback
みちのくの小京都~秋田・角館

f0060310_15065204.jpg


みちのくの小京都~角館

新緑が萌えてます~♪

f0060310_15105103.jpg


武家屋敷通り は、

趣のある黒板塀が続いて...

あぁ~なんて素敵~♪

f0060310_15125815.jpg



角館を統治した佐竹氏は、

京都の公家出身だったため

京文化も色濃く伝えられたそうですよ。



f0060310_15174206.jpg



秋田県を代表する観光地です、角館。

乗って武家屋敷とか走ってもらうといいんだろうなぁ。


f0060310_15262629.jpg




f0060310_15265782.jpg

江戸時代から続く武家屋敷通りの、

青柳家を見学しました。



町は武家町(内町)と、


商人町(外町)に区別されてます。




f0060310_15353917.jpg

青柳家、

3000坪の邸内



ゆっくり&足早に??!、

そーなんですよっ、奥さん。
何セ、ツアーですからお時間に限りが有りますわよん。

f0060310_15445269.jpg

400年の歴史を語る武家屋敷、



f0060310_15451731.jpg



素晴らしい~。



f0060310_15492107.jpg


代々伝わる格式ある品々。



f0060310_15495014.jpg

角館の桧木内川のしだれ桜は、

桜の名所として有名ですが...


お庭のカタクリ

や、

水芭蕉

角館は有名なんです。




f0060310_15544799.jpg



むかし~昔がしのばれますね。







f0060310_15550535.jpg


お庭も兎に角広いです。

3000坪ですから.....



f0060310_15572149.jpg



解体新書記念館も^^

f0060310_15582472.jpg

f0060310_15593246.jpg



平賀源内

ほぅ~...。


f0060310_16152517.jpg





小田野直武、

スゴイ方です。


角館の武士であるが、
日本で初めて洋画の技法である写実に取り組んだ天才画家。


解体新書の挿し絵を描くなど、
西洋医学の夜明けに貢献した人物。


1749-1780没
謎の死をとげた...と。


f0060310_16163176.jpg


f0060310_16010092.jpg



トクサ...

って初めて見たかも?!です。




f0060310_16115583.jpg



ジャカルタから~
仲良しの、
いや162.pngLOVELOVE162.png
お二人さん~、

うらやましいです129.png


それにしても
海外の方~、
日本の素敵な場所ご存じなのねぇ~
御着物お召しでした。



f0060310_16173260.jpg

f0060310_16284555.jpg

幕末写真館

f0060310_16291637.jpg



此処からの萌え萌えの緑、

新緑には生命力と力強さが感じられます。



f0060310_16305588.jpg



蓄音機や古いカメラ~

色々なものが展示。



f0060310_16315140.jpg



f0060310_16490911.jpg

f0060310_16492931.jpg


f0060310_16500334.jpg
f0060310_16502987.jpg


幕末写真館


外使節の方々~



f0060310_16505362.jpg

先程の
御着物お召しのジャカルタLADY~♪






f0060310_16560329.jpg



f0060310_16563071.jpg


押絵

って、ご存じですか?



f0060310_16573108.jpg



これ ↑ です。


f0060310_16582860.jpg
f0060310_16584932.jpg



f0060310_16593242.jpg


秋田犬...マサル

ザギトワ選手に可愛がられるのでしょうね

タイムリーなニュース~♪
今夜見ましたワ~♪


f0060310_17014998.jpg


f0060310_17020997.jpg



こちらは、

青柳家

藥医門
じゃなくて、

青柳家北門。




179.png

179.png

179.png


長々とお付き合い
ありがとうございました。

九州南部は早くも
今日、梅雨入りですってネ。
当地もそろそろかな??!


171.png

171.png

171.png


いつも ありがとうございます053.gif

/ oimosany040.gifペコリ



by oimosany | 2018-05-26 20:33 | ☆ 東北 ☆ | Trackback
新緑の奥入瀬渓流 と 石ケ戸
f0060310_17510008.jpg

五月の奥入瀬渓流は、


新緑が眩しいくらい美しかった。

f0060310_17522690.jpg



大町桂月が愛した...

奥入瀬渓流や十和田湖。

ガイド嬢より
高知県出身の大町桂月によって
奥入瀬や十和田湖は
世間的に広く名が知れ渡ったそうです。
最後までこの地を愛して
近くの蔦温泉が終焉の地だったと.....。


f0060310_18021970.jpg



石ケ戸...
ってココです。

むかし~昔、この岩屋に
「鬼神の お松 」という美女の盗賊が隠れ住み、
旅人から金品を奪っていたという伝説が残ってるそうですよ。

f0060310_18072655.jpg


へぇー、こんな所に?

ガイド嬢が
面白おかしく説明。

f0060310_18125634.jpg



楽しく話すガイド嬢の言葉って、
けっこう心に残りますネ。


f0060310_18190053.jpg
f0060310_18234047.jpg



この八甲田山中の酸ヶ湯温泉の場所も
雪がまだまだ残ってました。






いつもありがとうございます056.gif
 / by oimosany




by oimosany | 2018-05-18 18:32 | ☆ 東北 ☆ | Trackback
十和田湖~かんだがわばしや乙女の像

f0060310_14032290.jpg



この橋の名は、

かんだがわばし


f0060310_14331906.jpg



この川幅が細い~神田川、

...の上に架けられた橋が かんだがわばし。

近くに桜も咲いてました。




f0060310_14341466.jpg




青森県の景勝地、十和田湖

お宿は湖畔の休屋に...


朝早起きしてお散歩してみたんです~♪



長いバス移動でしたが、
ガイド嬢がとても素晴らしかったんです。

車内は、いつも笑いの渦^^

でした。
そのガイド嬢お薦めの県境。



十和田湖や青森も過去に何度か訪れた地。


でも、
記憶って結構薄れるものなんですねぇー。

それって、ワタシーだけ?かもな...



だ・か・ら

同じ場所に行っても又~楽しめます~♪



f0060310_14350470.jpg




この小さな川向こうは、
秋田県。

ここ県境なんです。

県境をに掛けて行ったり来たり~♪ (爆



f0060310_14354021.jpg


それから...

朝の、

十和田湖畔を歩きます。




f0060310_14360360.jpg



この季節、

明るくなるのが早いからいいです。
助かります。

f0060310_14362167.jpg

f0060310_14364033.jpg



あーーーーーーっ

見えて来ました。

f0060310_14370634.jpg
f0060310_14372733.jpg



乙女の像

高村光太郎作のブロンズ像
愛妻の智恵子夫人がモデルとも....

f0060310_14374780.jpg



お宿で、
きりたんぽ鍋頂きました~そうそう。

十和田湖名産のひめますのお刺身も。

f0060310_14380323.jpg



お部屋は、
ちょっと昭和チックな感じが好みでしたワ。

f0060310_14382155.jpg



お部屋も充分な広さでした。

新しくはありませんが、

清潔感は ◎


f0060310_14384759.jpg



浴衣を羽織って温泉へ~♪

十和田湖畔温泉、いいですよー。


f0060310_14390821.jpg



当地は3月に楽しんだんですけど、





青森は5月いっぱい菜の花楽しめるって、です。
お部屋のTV見て。



f0060310_14393016.jpg



残雪の岩木山と菜の花178.png

南北に長い日本列島、バリよか~♪
楽しめるぅー


f0060310_1552353.jpg


いつも~

ありがとう
ございます

f0060310_1033141.gif
蒸し暑い昨日でしたね。
お互い体調気をつけましょう。


Thank you --- /by oimosany




by oimosany | 2018-05-17 07:41 | ☆ 東北 ☆ | Trackback
青森県は 弘前公園で桜を愛で~♪

f0060310_06054578.jpg



東北は青森県の弘前へ行って来ました。


羽田空港から、
長い~長い~道のりでした。
バスツアーでした。



東北道って、
埼玉・川口JCTから青森ICまで...
679・5キロですって~!!

ちなみに、九州道は
門司から鹿児島まで
346・3キロ。





f0060310_06055981.jpg



雪の残った岩木山が見えます~♪



f0060310_06214855.jpg



新緑と桜と岩木山。

なぁんだか、
心躍る瞬間113.pngでしょ、でしょ。

f0060310_06255886.jpg



弘前公園には、
ソメイヨシノ・ヤマザクラ・しだれ桜等

50種類の約2600本が、


毎春~私達を楽しませ幸せにしてくれるそうです。




f0060310_08012148.jpg


天守閣からの

岩木山と桜




f0060310_06305756.jpg

f0060310_06311915.jpg
f0060310_06313631.jpg



春~ニッポンの桜、を楽しみに

海外のお客様の多いこと、多い事。


日本人は勿論桜大好きですが...。

桜前線の北上と共に、
追っかけた訳です((爆

五稜郭の桜開花をTVで見て、
ちょっと心配でしたが楽しめました。



f0060310_06330982.jpg



弘前には、

日本有数の桜の名所「弘前公園」の桜

...を守って下さる桜守りさんがいらっしゃるそうです。

この木も手当中でしょうか。



f0060310_06423031.jpg


大事にされている桜ですが、
木の寿命もあるそうです。

が、



樹齢130年を超える

日本最古のソメイヨシノ

...も弘前公園にはあります。


f0060310_06473351.jpg



チューリップと桜を愛でて
おべんとうを美味しそうに食べてました。



f0060310_06475013.jpg


f0060310_06482856.jpg

f0060310_06484988.jpg

f0060310_06490735.jpg


f0060310_08035786.jpg



園内の水濠には8つの橋が架かってます。

下乗橋は、その一つ。


f0060310_08140159.jpg



弘前城の天守は、江戸時代に再建された天守。

現在、100年ぶりの石垣修理の為、

天守は本丸の内側~北西に
70メートル移動してます。

(なんかTVニュースで見た記憶が...)





f0060310_06493077.jpg



つつじも楽しめました~♪



f0060310_08440539.jpg

大浦町


f0060310_08450301.jpg




いつもありがとうございます ---
Have a nice day!
oimosany ~ 





by oimosany | 2018-05-13 08:32 | ☆ 東北 ☆ | Trackback